• top
  • news
  • reports
  • labo
  • concept
  • service
  • company

reports7

2015/02/24 JINRIKI(じんりき)
ワークショップ開催@松本

長野県に、車いす利用者の緊急避難を補助するJINRIKI(じんりき)という器具を開発されている会社があります。この補助具は、車いすに取り付けて、まさに「人力」でけん引できるようにする器具です。介護者や看護者が、車いすを押すだけではなく、引けることで、楽に、素早く車いすの移動が可能となります。また、JINRIKIは介護者や看護者の負担を減らすべく、日常的な利用としても期待されています。

このJINRIKI。使うことで、まち歩きがどれだけ楽しくなるか?という実験も兼ねて、今年の6月くらいに松本市内で「プチ旅行」を開催する企画があります。しかし、そのプチ旅行のプランはまだ決まっておりません。

そこで、せっかくの機会ですので、プチ旅行のプラン作りから市民の皆さまにも参加してもらおうと、3/10に松本で市民参加型のワークショップを開催することになりました。この活動にはグラグリッドも協力しており、当日は弊社尾形がワークショップのファシリテーションを担当します。

松本のまちが、車いす利用者もより暮らしやすく、訪れやすいまちにするため、多くの方々に参加いただければと思います。

JINRIKI(じんりき)
ワークショップ

○開催概要

●タイトル
障がいを持つ子どもたちとその家族にもやさしいまちづくりへ「新しい発見ができる松本のプチ旅行企画を考えるワークショップ」
●開催日時
2015年3月10日(火) 10:30〜13:00
●場所
松本市中央公民館(Mウイング)3階 会議室3-2
松本市中央1-18-1
●参加いただいたい方
下記いずれかに当てはまる方
・障がいのあるお子さんがいらっしゃる人
・松本のまちづくりに興味がある人
・松本のまちづくりや観光に関わる仕事をしている人
・バリアフリー、ユニバーサルデザインに興味がある人
・自分のお店に、車いす利用者も来てほしいと思っている人
・松本をもっと住みやすいまちにしたいと思っている人
●募集人数
先着 20名
●スケジュール 10:30〜11:00 自己紹介・話題提供
11:00〜12:00 グループワーク1
12:00〜12:50 グループワーク2
12:50〜13:00 まとめ

●話題提供者
塩原航(松本市 健康産業・企業立地課)
亀井智泉(長野こども療育推進サークル U-てらす)
●ファシリテーター
尾形慎哉(株式会社グラグリッド)
●参加費
無料
●申し込み方法
お電話かFAXにてお申し込みください。
TEL:0263-34-3296
FAX:0263-34-3008
●主催
松本地域健康産業推進協議会(長野県「地域発元気づくり支援金」活用事業)
●協力
株式会社JINRIKI、ゆうテラス、株式会社グラグリッド、松本大学、アビリティーズ・ケアネット株式会社、長野県テクノ財団、
●連絡先
松本市 健康産業・企業立地課
TEL:0263-34-3296
メール:kenkou-sangyou@city.matsumoto.nagano.jp
●ご連絡事項
※お車でお越しの際は、有料になりますが、Mウイング北棟または近隣の駐車場をご利用ください。

装飾

2015/1/5 銀座線コンペ出品

2014年5月に、つばめ舎建築設計、DesignMuseとプロジェクトチームを組んで東京メトロ銀座線コンペに出品しました。残念ながら入選とはなりませんでしたが、この活動を通して新たな活動ユニットの結成となりました。

銀座線コンペ出品

○プロデュース 尾形慎哉 (グラグリッド)
○経験デザイン 三澤直加 (グラグリッド)
○照明デザイン 桂久美 (デザインミューズ
○建築デザイン 根岸龍介 永井雅子 (つばめ舎建築設計

このページの先頭へ