• top
  • news
  • reports
  • labo
  • concept
  • service
  • company

news2

2014/03/07 地域に新たな価値を生む仕事のデザイン〜ビジュアル思考で仕事を考える 講演

3月4日、5日に札幌市立大学の産業界ニーズGP事業関連イベントで、尾形・三澤が、講演とワークショップの講師・ファシリテーターを担当しました。

地域に新たな価値を生む仕事のデザイン〜ビジュアル思考で仕事を考える 講演

●初日(3/4) 講演会
グラグリッドがこれまで手がけてきた仕事を紹介し、参加者自らの仕事について考えるきっかけになればと思い、はじめにグラグリッドでの活動とそのポイントを紹介し、残りの時間で参加者同士の対話という構成。

グラグリッドの価値創造のアプローチとして、「可能性の探索」と「実行して検証」の活動があるということ。そして、「可能性の探索」から「実行して検証」するための挑戦と、「実行して検証」することで学びから新たな「可能性の探索」を行っていることをお伝えしました。

「見えないもの」を関係者と共に創る
グラグリッドのアプローチ
可能性の探索は、挑戦へのスタート 実行して検証することで、学び、成長する

●二日目(3/5) ビジュアル思考で仕事を考えるワークショップ
グラグリッドが考えるビジュアル思考について、参加者全員に体験を通して学んでいただきました。

ビジュアル思考で仕事を考えるワークショップ

グラグリッドが考えるビジュアル思考
全体像を見えるようにして考えること:頭の中だけで考えず視覚的なアウトプットをつくり、俯瞰して構造的に考えること
カタチにして考えること:イラストなどの表象で描き出し、存在しないものやアイデアを想像すること

目的や状況に合わせたビジュアライズ
目的や状況に合わせたビジュアライズ

後日、参加者の方からは、グラグリッドの活動は下記のようなことですよね、とコメントいただきました。
[グラグリッドの活動は、新しい価値を生み出そうとしている人の仕事、活動について、その手法を一緒に見直す(気づきの場を作る、組織のプロセスを変える、など)ことで、価値創造を支援するってことですよね]

まさに、そのことも伝わればと思っていたので、とても嬉しかったです。
まだまだやっていることがカタチになっているとは言えないのですが、このような発表の機会をいただきました札幌市立大学デザイン学部の福田先生、ありがとうございました。

(尾形)

イベントFacebookページ
地域に新たな価値を生む仕事のデザイン 〜ビジュアル思考で仕事を考える〜

○スライド

地域に新たな価値を生む仕事のデザイン 札幌市立大学主催 産業界ニーズGP事業関連イベント from ogashinya

ビジュアル思考ワークショップ 札幌市立大学主催 産業界ニーズGP事業関連イベント from ogashinya

グラグリッドの価値創造に関わる活動に、ご質問やご相談がある方は、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ